読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ikeike443のブログ

ソフトウェアビジネスに関心がある系のブログ

【備忘】SublimeText2のパッケージリリース方法

自分のための備忘です。細かいところはかなり端折っているのでそのツモリで。。SublimeText2のPackageControlはGithubにtagを作ればいい感じにリリースしてくれる仕組みですざっくり言うと。

手順

コード書く、またはPullRequestをマージする

Githubのマージボタン押したくないときは一旦手許に持ってくる。

# 適当にブランチきっておいた上で。。。
$ git pull origin pull/x/head

テストする

package.jsonを書き換える

URLの末尾とversionを最新のバージョン番号にする
 last_modifiedも書き換える

{
  "schema_version": "1.2",
  "packages": [
    {
      "name": "Scalariform",
      "description": "The wrapper of Scalariform - scala source code formatter",
      "author": "ikeike443",
      "homepage": "https://github.com/ikeike443/Sublime-Scalariform",
      "last_modified": "2012-11-12 17:15:00+09:00", //<- ここも
      "platforms": {
        "*": [
          {
            "version": "0.3", //<- ここ
            "url": "https://nodeload.github.com/ikeike443/Sublime-Scalariform/zip/0.3" //<- ここ
          }
        ]
      }
    }
  ]
}

pushする

最新バージョン番号でtagを作る

$ git tag -a x.x -m "x.x released"
$ git push origin --tags

tagを間違った場合でそのことにすぐ気づいたなら一回消して作り直す

$ git tag -d x.x
$ git push origin :refs/tags/x.x
$ git tag -a x.x -m "xxxx"
$ git push origin --tags