読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ikeike443のブログ

ソフトウェアビジネスに関心がある系のブログ

紙の本の話


f:id:ikeike443:20141129004459j:image
伽藍とバザールが紙の本になってたので買ってしまった。

伽藍とバザールはすでにWeb上でフリーのものがあるし、もちろん僕何回も読んでいる。名論文だよね。

でも紙で買ってしまった。

笑ってくれても構わない。でも紙には魅力がある。ぬくもりがー、とかそんなんじゃなくて、もっといいポイントが。

紙は触って、置いて、並べて、眺めることができる。僕以外の人も。

子供の頃、父親の書棚を見て、自分の知らない難しそうな(でも面白そうな)事柄に思いを馳せたことはないだろうか。様々な分野に興味を持ったことはないだろうか?

僕はある。僕はそれを自分の息子にも感じてもらいたい。それができるのは今のところ紙だけだ、と思う。

Webや電子書籍は便利で高機能だ。そしてパーソナルなものだと思う。僕もたくさん電子書籍を持っている。それもとても良いんだけど、個人で楽しむだけではないことをしたい。

子供の頃に受けた影響は後々までインパクトを与える。子供にいろんなことに興味を持ってもらいたい。

だから紙で買った。

そんな話。