読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ikeike443のブログ

ソフトウェアビジネスに関心がある系のブログ

Hudson plugin for Playframwork を書いた

練習がてら、 Hudson のプラグインを書いてみました。

Play むけのプラグインなんて、ほとんど需要無さそうですが、Hudson の ML に投げたら受け入れてもらえたりするんでしょうか??

とりあえず、コードは下記に置いてあります。
https://github.com/ikeike443/HudsonPluginForPlay

出来ること

  • Play auto-test コマンドを実行できます
  • テスト結果を Calimoucho 風*1に閲覧することが出来ます

使い方

プラグインをインストールしたら*2、「Hudsonの管理>システム設定」の下記箇所に Play スクリプトの格納場所を記述します。
f:id:ikeike443:20110125020738p:image


次に、「新規ジョブ作成>フリースタイルプロジェクト」でジョブを作成し、下記2箇所を設定します。

1.「ビルド手順の追加」で 「Play!」を選択し、"auto-test" と設定します。
f:id:ikeike443:20110125020506p:image


2.「ビルド後の処理」で「Play! auto-test reports」にチェックを入れます。
f:id:ikeike443:20110125020508p:image


これで設定は完了です*3。ビルド実行してください。
f:id:ikeike443:20110125020740p:image


ビルドが完了すると、サイドパネルに下記のように Play! のアイコンとともに Play! Test Result というメニューが出現します。
f:id:ikeike443:20110125020509p:image

Calimoucho 風のテスト結果

テスト結果を Calimoucho 風に参照できます。Test runner の画面にも似ています。
f:id:ikeike443:20110125020739p:image


一つ一つのボックスがテストクラスになっています。クリックすると詳細を確認できます。
f:id:ikeike443:20110125022914p:image


Play の auto-test には Selenium がビルトイン*4されています。Selenium のテスト結果も下記のように確認できます。
f:id:ikeike443:20110125020511p:image


テストが失敗した場合、失敗したテストクラスが赤く表示されます。
f:id:ikeike443:20110125020510p:image


クリックすると詳細を見ることが出来ます。
f:id:ikeike443:20110125020512p:image


テストに失敗した場合、ビルドも失敗するようになっています。


と、ここまでが僕の書いたプラグインの機能です。

まとめ?

まとめ、っていっても、ただプラグイン書きましたってだけのブログなのであれですが。。

一応、このプラグインと Cobertura や Ivy などを組み合わせると、そこそこ CI 環境として整うかと思います。

Play! の CI 事情については、また日を改めて書きたいなと思います。

で、ぶっちゃけ、このプラグインって需要あるんでしょうか。。

追記

Hudson の ML に投稿してみたところ、 Hudson の Plugin Developer というものにしていただきました。
これがどういうものなのかまだよくわかってませんが、キャッチアップしてみたいと思います。
おそらく、程なくして Hudson のプラグイン管理画面からダウンロード出来るようになると思います。

追記2

先程Hudson改めJenkinsのアップデートセンターを確認したところ、play-pluginの名で登録されたようです。お使いのHudson改めJenkinsのプラグイン管理画面からインストールできると思います。
これからWikiなどを充実させていきます。

*1:Play の [http://integration.playframework.org/:title=CI Server] は Calimoucho という名前のようです。コードは[https://github.com/guillaumebort/calimoucho:title=ここ]にあります。

*2:Hudsonのリポジトリには置いていないので手動でインストールして下さい。

*3:特に書いていませんが、ソースコードをSCMから取得する設定ももちろんしてください。

*4: Htmlunit を使ってブラウザレスで実行できるので結構便利です。